トップ

宴会を楽しむ術とは

コミュニケーション練習の最強の場

宴会は自分を育てる場

宴会が苦手な人は、その理由として「話すのが苦手」「仕事以外で上司や先輩といたくない」「そもそもお酒が苦手」といったものを挙げることが多いかと思います。

これらの理由はもっともですが、少し偏見を持ちすぎなのではないでしょうか?
たとえ仕事中にはとっつきにくいと思っていた上司でもじっくり話を聞いてみればすごく面白い経験をしてきた人もいるでしょうし、お酒を飲むと人が変わったようになる先輩を見るのも面白い経験です。

こうした普段見ることのない姿をうまく引き出す能力、つまりコミュニケーション能力は仕事でも役立ちますし、その後の仕事を一緒に進めていくうえでも必要なことです。

また他の人を見て学ぶ場でもあります。普段話すのが苦手な人は話のうまい人の雑談力を観察するだけでも勉強になります。

そのうえ会社の宴会は普段接することが少ない部署の人とも話すチャンスです。宴会が苦手とネガティブに考えるのではなく、仕事のための勉強の場と割り切って参加してみてはどうでしょうか。

まず、宴会をコミュニケーションの練習の場だと考えてみましょう。
自分からあまり馴染みがない人に話しかけてみて、相手の話に様々な質問をして話を引き出してみましょう。

行動の少し変えるだけで相手の反応も変わってくるかもしれませんよ。
気負いせずに、実験をするような気持ちだと参加しやすくなるかもしれません。

さらには、思い切って幹事になることもおススメします。幹事になれば必然的に多くの人と話すことになるので、宴会で孤立することもありません。しかもうまく仕切ることができればみんなに感謝もされるので、一石二鳥ではないでしょうか?
宴会で幹事になる覚悟ができたなら仕事ももっとうまくいくかもしれませんよ!